2014年3月12日水曜日

神武寺~鷹取山ハイキングコース


神武寺~鷹取山ハイキングコース行程


神武寺裏山・鷹取山共々大正時代頃まで大々的な石切り場として活用されていました。鷹取山から見渡せる広大な景観と磨崖仏に、鎌倉中心部とは一味違う魅力があります。片道大よそ1kmぐらいの行程でしょうか。鷹取山が家族連れのピクニックで賑わっているので、尾根道では小さい子供も見かけます。すれ違った子供達のほとんどが「家でTVゲームとかしていたい」と言わんばかりの「親に連れて来られた感」いっぱいの表情だったのが印象的でした。

Google Map 神武寺~鷹取山

神武寺薬師堂から鷹取山の麓にある磨崖仏までの行程です。神武寺裏山を尾根まで登れば、その後はほとんどアップダウンはありません。鎌倉のハイキングコースのようにピクニック感覚で歩けます。細かい位置情報などは最下部にあるグーグルマップでマーカーにて印してあるので、詳細を知りたい方はそちらで確認してください。

神武寺裏山


神武寺薬師堂から急勾配の道を登り尾根に出ます。

神武寺薬師堂

神武寺裏山の尾根に出ると、石碑が立てられています。そして不思議な造形の石が道の真ん中に置かれています。辺りは石切り場として活用されていたので、それに伴う造作なのかもしれませんが、神武寺が明治まで女人禁制の修験の場だったことから、何か修行に使用したものなのかもしれないと考えてしまいます。

石碑 神武寺が修験の場だったことなどの説明が刻まれています
???

石切り場跡の痕跡


石切り場跡だけあってか、尾根道には色々な形をした石や壁面がみられます。天園ハイキングコースの十王岩付近と雰囲気が似ています。十王岩付近も石切り場跡でしたね。

十王岩付近の天園ハイキングコース尾根道と似てるでしょ? 
今にも落ちそう
途中に少しだけ景色が開ける場所がありました

石門~指石


行程を半分ぐらい進むと、巨大な岩と岩の間を通る場所があります。あたかも門のようなので、石門と呼ぶことにしました。神武寺裏山と鷹取山の境界線と考えると面白いかもしれませんが、真相はいかがでしょう。おデブさんお断りと云わんばかりの場所です。


さらに進むと景色が望める場所に出ます。横横が下に通っています。そして、この景色が望める土台の石が面白い形をしています。あたかも指で何処かを指しているように思えたので、指石と名付けました。


このヘンテコリンな形も石切り跡の名残りでしょうか

鎖場


急斜面の切岸が施された場所を歩くため、補助として鎖が設けられた箇所があります。ここだけ気分はアスレチック感覚です。


鷹取山


鷹取山の削平された広場に出ます。石切り跡を利用してロック・クライミングが出来るよう整備されています。この開けた景色のある爽快な広場に、多くの家族連れの方々がレジャーシートを広げてくつろいでいました。千葉・横須賀・横浜方面と、どこまでも見渡せます。


鷹取山も石切り場跡だった地形が残されています。山を下ると、現代で作られた巨大な磨崖仏があります。石像も作る人によって随分と顔や表情が異なることがわかります。歴史的価値はありませんが、ここまで大きいと見に来る甲斐もあります。


神武寺~鷹取山全体の行程


神武寺をメインに訪れた私なりの行程を下の地図画像で示しました。神武寺表参道から向かい、神武寺を拝観し、この鷹取山ハイキングコースを堪能した後、また神武寺に戻り、最後は裏参道を通って帰ると、神武寺及び周辺の大よそを堪能できます。特に裏参道は天園ハイキングコースの二階堂口にも似た素敵な散策路となっています。また、表参道・裏参道それぞれに最寄り駅があるのも便利です。お勧めです。

Google Map 神武寺
①東逗子駅 ②表参道 ③神武寺 ④鷹取山 ⑤裏参道 ⑥神武寺駅



より大きな地図で 神武寺 を表示

探索期間 2011年9月~2013年5月
記事作成 2014年3月12日


神武寺~鷹取山ハイキングコース関連記事


神武寺

神之嶽と呼ばれた修験の場だった神域の地

神武寺石切り場跡

神武寺及び周辺の石切り場跡を探る

神武寺やぐら

歴史的価値の高い弥勒やぐらに、曰くつきのやぐらなどを紹介

逗子エリア


岩殿寺

坂東三十三ヶ所観音霊場第二番で奈良時代に創建された古刹