2014年2月22日土曜日

永福寺跡


永福寺は、源頼朝が滅ぼした木曽義仲・平家・奥州藤原氏などの数万の怨霊を鎮めることを目的に建立されました。文治五年(1189)に奥州合戦で目の当たりにした平泉の毛越寺や中尊寺の二階堂大長寿院などを模して永福寺を建立したと云われています。往時の中心伽藍部分は、空地として残されており、史跡公園として整備されています。

永福寺跡

永福寺伽藍


『吾妻鏡』によれば、文治五年(1189)の奥州合戦の後、建久二年(1191)に頼朝自ら土地の選定を行い、伽藍建立の願を立てています。建久三年(1192)に工事が着工し、同年11月に、大僧正公顕を迎えて開堂供養が行われています。市史に「三堂建立は三年に渡っている」とあったので、中心伽藍の完成は建久五年(1194)辺りでしょうか。下画像は、現地案内板にあった復元CG図です。東を正面にした全長が、南北130mに及ぶ伽藍で、前面には南北100m以上ある苑池が造られていました。画像の手前から、阿弥陀堂・二階堂・薬師堂となっています。鎌倉時代にこんな建物があったんですね。凄いです。

永福寺復元CG図

永福寺境内


『鎌倉市史 社寺編』に「四ツ石・三堂・亀ヶ淵・西ヶ谷の辺り一帯が境内であったと思われる」とあります。近くに真言院・松本坊・石井御坊・法輪坊などの供僧の坊などもあったそうです。また、鎌倉市教育委員会の調査報告書によれば、永福寺跡から奥に行った亀ヶ淵や西ヶ谷の辺りが別当坊・僧坊だったと推定しています。ですから、現在、公園として残されている空地だけでなく、この辺り一帯が永福寺に関連する土地柄だったようです。そして下地図画像に記した東光寺跡とは、現在の鎌倉宮です。東光寺も永福寺の一伽藍と考えられるそうなので、全てを含めると、とてつもない広さです。往時では、二階堂という地名イコールそれは永福寺を指すものでしたが、その規模を知ると納得できるでしょうか。さらに、建仁二年(1202)には、多宝塔の供養が行われ、導師に寿福寺の栄西が、建保四年(1226)の供養の導師には、退耕行勇が迎えられたなどと資料にみられるので、三堂以外にも随分と色んな建物があったことが伝わってきます。

Google Map 二階堂

中世の旅行者


貞応二年(1223)の『海道記』の著者、仁治三年(1242)の『東関紀行』の著者などが鎌倉に訪れた際、永福寺に立ち寄っています。たぶん「鎌倉に行ったら立ち寄るべきスポット」として当時から認識されていたのでしょう。また、正応二年(1289 )には、『とはずがたり』の著者で知られる後深草院二条も二階堂(永福寺)に訪れています。


史跡公園としての整備化


私は2011年から鎌倉に通いはじめていますが、特に瑞泉寺がお気に入りの一つなので、永福寺前をよく通ります。永福寺跡は、史跡公園として整備されると聞いていましたが、2011年当時は、ただの空地にそれらしき工事用車両などが置かれていた状態で、2012年に見た時は、礎石が運び込まれ、2013年には永福寺中心伽藍の基礎が整備されている状況でした。上記したように、鎌倉時代では3年で三堂を建立しています。それに比べ、現代で公園として整備するのに「どんだけ時間かかってるんだよっ」とツッコミたくなりますが、きっと現代には現代の事情があるのでしょう。ちなみに建物は復元されないようです。

2012年 礎石が到着
2012年 礎石を並べているようです
2013年 基壇完成?
2015年 池部分の小石を敷きつめているようです


残念なことに、礎石は本物ではなく、発掘調査から実際に出土したものに似せた石を運んできたそうです。本物は地中に埋まっているそうです。石には番号がふってあったので、絶対に出土品か何かの貴重なものだと思っていましたが、違ったようでした。ただ、往時の苑池部分となる場所に石組みがみられますが、こちらはどうやら本物のようです。

苑池石組み

吾妻鏡における永福寺の記事では、特に池の造作に関する記述が多くみられます。頼朝自ら細かい庭石の位置などを指示しています。畠山重忠が頼朝の指示通り、重たそうな石を動かしている様子が記されていました。

2015年4月 苑池石組みが隠されていた・・何で?


永福寺城?


永福寺は、合戦時には陣地として使用されていることが文献・資料からわかっています。宝治合戦での三浦光村、元弘の乱では千寿王(足利義詮)、建武二年(1335)には足利尊氏が陣を張っています。特に『吾妻鏡』における宝治合戦の記述では、三浦光村が、永福寺で八十余騎を従え、使者を兄の泰村のもとに向かわせ「永福寺は、優れた城郭です。ここで共に討手を待ちましょう。」と言っています。確かに二階堂は、鎌倉城の最北部分を背に出来るので、非常に有効な要害の地と成り得るのかもしれません。また、これだけのビッグネーム等に陣取られるという事は、永福寺自体もそれだけ立派な建物だった証拠でしょうか。しかしそんな永福寺も、応永十二年(1405)の火災による焼失以後、再建されなかったと考えられています。

法華堂跡にある三浦一族の墓と伝わる横穴



永福寺裏山


永福寺伽藍背後の丘陵は、ちょっとした遊歩道として整備されています。これといった造作は見当たりませんが、石祠があったり、伽藍跡を上から眺められる平場が施されています。

丘陵中腹にある平場

ちょっとお邪魔するつもりが、そのまま尾根道を歩けたので、行ってみると、なんと、天園ハイキングコース覚園寺総門跡口まで尾根がつながっていました。いつもの事ながら、行ってよかったのかわかりませんが・・。ただ、これといって土木遺構と呼べるような造作は見当たりませんでした。

永福寺遊歩道尾根

永福寺と百八やぐら群


鎌倉名物のやぐらを代表する百八やぐら群が近くに所在しています。百八やぐら群は、覚園寺のものとも云われますが、永福寺に関連したものとも云われています。百八やぐらの記事では、覚園寺に関連したもののように記しましたが、こうして永福寺にスポットを当てると、永福寺のものかもしれない・・とも思えてきます。永福寺の別当坊・僧坊エリアと云われる西ヶ谷にお住まいの方とお話しましたが、その辺りからも百八やぐら群に行く道があるそうです。ちなみに『鎌倉市史 考古編』には、亀ヶ淵やぐら群があったと記されています。昭和10年に既に取り壊されたそうです。

獅子舞

永福寺跡からは、獅子舞と呼ばれる丘陵エリアを通って天園ハイキングコースにアクセスします。この辺りは紅葉の名所となっています。往時から将軍実朝などが二階堂に訪れているので、昔からこのような景勝地だったのかもしれません。


より大きな地図で 百八やぐら群 を表示

カテゴリー 探索記事(エリア別 二階堂・天園
記事作成  2014年2月22日

二階堂・天園エリア関連記事


瑞泉寺

カリスマ夢窓疎石が造営した鎌倉禅宗寺院の極み

瑞泉寺旧境内 ~偏界一覧亭

瑞泉寺境内絵図から往時の瑞泉寺の姿に迫る

瑞泉寺裏山遺跡

瑞泉寺裏山に眠る北条首やぐらをはじめとする遺跡群にスポットを当てる

瑞泉寺十境ハイキングコース

瑞泉寺十境の地をめぐる天園ハイキングコースを紹介

瑞泉寺十境ハイキングコース 紅葉編

瑞泉寺とその周辺をめぐる魅惑のハイキングコース 紅葉編

百八やぐら

天園ハイキングコースに展開する鎌倉の一大やぐら群

百八やぐらハイキングコース

百八やぐら群を中心に鷲峰山を堪能する天園ハイキングコースの一部を紹介

永福寺跡

平家などの怨霊を鎮めるために頼朝が建立した壮大な寺院跡