2013年12月26日木曜日

まんだら堂やぐら群


名越坂に隣接する山腹の平場に大規模なやぐら群が存在します。これらまんだら堂やぐら群と呼称されています。逗子市教育委員会の臨時公開資料によれば、150基以上のやぐらがこれまでにカウントされています。そして「まんだら堂」という固有名称が文献上に初めて登場するのが文禄三年(1594)の『相州三浦群小坪郷御縄打水帳』といういわゆる検地帳です。畠の地名として記載されているので、このまんだら堂という建物がどのようなものだったのかは具体的にはわかっていないようですが、17世紀の文献資料から供養堂だったのではないかと推測されています。また、「まんだら」とは日蓮宗の本尊である「曼荼羅」に由来するものと考えられています。

Google Map 名越丘陵部
赤の数字①名越坂鎌倉口②名越坂緑ヶ丘口③名越坂亀ヶ岡口
白の数字①まんだら堂②石廟③法性寺④大切岸⑤石切り場跡⑥浅間山南山腹やぐら群⑦ハイランド出入口

まんだら堂やぐら群の特徴


4段のひな壇状地形にやぐらがそれぞれ配列されています。150基以上もある大やぐら群ですが百八やぐら群のような個性的で面白い浮彫が施されたものは皆無です。それぞれの形状も小さくとてもシンプルな造りとなっています。しかし特筆すべきは、やぐら群の前面スペースが開けていて容易に全体像を見渡せるようになっています。視界いっぱいに広がるこのやぐら群の光景に圧倒されてしまいます。

何段にも連なったやぐら群を一望できる
さらに遠景を望める場所まである

画像でも伝わるかと思いますが、やぐらはかなり風化しており、玄室さえも崩れ落ちているものが大多数でした。しかし『鎌倉市史 考古編』によれば「羨道を備えた鎌倉期のもの」とありました。自然に崩落しているものとは別に、どのような意図なのかはわかりませんが、やぐら前面がどうやら石切りされているそうです。まさかいくら後世の人達とはいえ、石材欲しさに墓から石を切り出すとは思えないので、形を整えるために行ったのだと思われますが、ちょっとはっきりしたことがわかりません。


現在まんだら堂は季節毎の期間限定公開となっています。それ以前はかなり長い期間閉鎖となっていたそうです。私が鎌倉に通いだした2011年がまんだら堂の公開再開に向けた整備をはじめる直前だったようです。あまり声を大にして言えませんが、未だこの閉鎖されている時期に私は初めてまんだら堂に訪れました。整備される以前は夏季という時期的な関係もあったと思いますが、草木で生い茂られた中にやぐらや石塔が顔を覗かせるというそれはそれは雰囲気のあるものでした。鎌倉遺構探索初心者ということもあってか、普段の生活では絶対に見る事のない異質な空間にただただ見とれてしまいました。中でも、石塔類が地面に散乱していたのが印象的でした。

宝篋印塔などの石糖類破片

何だかわからないが梵字?が刻まれたキレイな造形物

発掘調査の結果


まんだら堂やぐら群前面にある広大な平場は、やぐら造成における掘削作業の過程において発生した残土で埋め立てられたことがわかっています。この前面平場では柱穴遺構かわらけ写経石などの遺物が発見されている他、荼毘跡も確認されています。出土した遺物からまんだら堂は13世紀後半には存在し、15世紀いっぱいまで営まれていたと推測されています。

まんだら堂から眺めた景色 逗子方面を見渡せる

紅葉シーズン


紅葉の時期には意外にも見事な景観となっていました。やぐらに眠る中世の武士や僧侶達が未だに供養されているかのようです。


万治二年(1659)中川喜雲の『鎌倉物語』に「名越が谷三まいば、名越の切通より松の方、山のいただきに広所あり、石塔あまたあり、是を云といへり」とあるそうです。まんだら堂やぐら群を「名越ヶ谷三昧場」と記しています。三昧場とは辞書で調べると墓地・葬場と記されています。また、現代人の我々がこの文章を読んでも一目でまんだら堂を説明したものだと察しがつきますね。300年以上も昔の人達と同じものを見ているという感動が伝わってくるようです。



より大きな地図で 名越坂古墳遺跡 を表示

探索期間 2011年7月~2013年12月
記事作成 2013年12月26日


□まんだら堂 関連記事

名越坂

大町・材木座と三浦半島を往来する古道の趣きを残す切通し路

まんだら堂やぐら群

名越丘陵部に残された大々的なやぐら群

名越坂古墳遺跡

名越坂・まんだら堂・大切岸などの史跡が凝縮された遺構マニア必見のエリア


□名越エリア 関連記事

大町釈迦堂口遺跡

退廃的に美しい謎めいた寺院跡

釈迦堂口やぐら群

大町釈迦堂口遺跡のやぐら群にスポットを当てました

妙法寺

苔寺として知られる自然との調和が美しい日蓮宗のお寺

安国論寺

日蓮が鎌倉入り後に初めて庵を営んだとされる日蓮宗の聖地

長勝寺

裏山からの展望が壮大な日蓮宗のお寺

日蓮宗名越寺社

日蓮宗名越寺社各社に伝わる日蓮の松葉ヶ谷法難を検証


鎌倉遺構探索リンク