2013年10月2日水曜日

円通寺・東照宮跡


山号寺号 日輪山円通寺
建立   17世紀頃
開山   高栄
開基   -


円通寺客殿跡

円通寺縁起


17世紀頃に建立された円通寺は、裏山に祀られていた東照宮別当職とされていました。明治初期廃絶し、現在は瀬戸神社に合祀されています。図書館で当時の円通寺絵図を見ましたが、地上部に円通寺の拝殿などが建ち並び、そこから階段を登った山腹に東照宮が建てられていました。

国道16号を渡る歩道橋から眺めた円通寺跡

京急金沢文庫駅を出てすぐ左にトンネルがあります。このトンネルを向こうに行くと、茅葺きの建物があります。これが円通寺の客殿なんだそうです。(ひとつ上の画像)。上画像は国道16号を渡る歩道橋から見た円通寺跡遠景です。そしてこちら下画像はそのクローズアップ画像です。画像下に円通寺拝殿跡の茅葺きの建物が見えると思います。その上に民家が建っています。私が見た絵図から推定するに、この上下の位置関係からもその民家が往時の東照宮位置かと思われます。がしかし、更にこの奥の裏山で面白い地形を発見することになりました。

円通寺遠景クローズアップ

謎の地形


円通寺のある谷戸を奥に行くと、丘陵を登れる箇所があります。尾根に出てそのまま権現山御伊勢山に向かう事ができます。



画像は生い茂る緑で詳細が伝わらないと思いますが、この丘陵登頂口にハイキングコースなどでよく見られる木の枠組みで作られた階段が施されています。


あたかも参道のように一直線に尾根へと続いていて、尾根上には細かい平場などの造作がみられますが、何はともあれですね、この登り坂脇に建物跡のような地形がみられます。それほど大きくはありませんが、ちょうど馬蹄形の形をしています。

馬蹄形平場

そういえば多宝寺跡も馬蹄形をしています。その馬蹄形平場には寺社でよくみられる石塔の基盤のような石造物が転がっていて、少し奥へ行くと溝状切岸などが確認できました。

石造物
溝状

さて、一体これは何跡なんでしょう・・ 東照宮跡が円通寺の真上だとすると、この奥まった位置には何があったのでしょう。ここだけではなく権現山・御伊勢山エリア全体にいえることですが、石切り跡が多くみられます。また地形が明確にはっきりしています。近世もしくは近現代で施された感じもしますが、未だにこれらが何なのか分かりません。


少し奥に行くと、尾根より一段高い場所に平場が造成されています。

尾根より高い位置にある平場

これは石標とでもいうのでしょうか。「海軍」と刻んであります。もしかしたら旧日本軍がこの丘陵一体を陣地として活用していたのかもしれません。

石標 何故か血のりのように赤いペンキが塗られている 怖っ・・

この権現山・御伊勢山から連なるこの辺り一帯の丘陵は地勢的に良いのかもしれません。あまりにも色んな時代に活用されすぎて何とも判断がつきません。能仁寺側の丘陵からは、東照宮が合祀されている瀬戸神社が木々の隙間から見えました。木々の伐採をしてあれば、近世では九覧亭と並ぶ眺望を堪能できたように思えます。

矢印が瀬戸神社



より大きな地図で 金沢・六浦 を表示

カテゴリー 探索記事(エリア別 六浦・金沢
記事作成  2013年10月2日

六浦・金沢エリア関連記事


六浦・金沢

六浦・金沢エリアをマクロ視点で解説

金沢から見える景色

金沢の史跡から見える景色をまとめてみました

称名寺

金沢を代表する寺社で金沢流北条氏の菩提寺

称名寺旧境内

称名寺境内絵図から往時の称名寺の姿を検証

金沢文庫

駅名ともなった有名な北条氏の文庫跡は金沢流北条氏の邸跡で御所だった?

称名寺裏山ハイキングコース

旧態が残された称名寺の壮大な裏山を堪能するハイキングコースを紹介

浄源寺跡

忍性や吉田兼好が住したとも云われる上行寺東遺跡と呼ばれる寺院跡

上行寺

土着の六浦氏が開基となった地元密着型のお寺

嶺松寺跡

瀬戸神社神官の千葉氏に関連した建長寺末の寺院跡

泥牛庵

近世において藩主の見晴らし台として活用されたお寺

能仁寺跡

関東管領上杉氏の六浦支配の拠点となった禅宗寺院の跡

金龍禅院

近世では多くの観光客が訪れた名勝の地

円通寺・東照宮跡

金沢八景駅に隣接する寺跡に残る謎の地形

瀬戸神社

頼朝が三嶋大社から勧請した金沢・六浦の海の守り神

権現山・御伊勢山ハイキングコース

六浦・金沢の遺跡が集中する丘陵の散策路を紹介

白山寺跡

磨崖仏ややぐらが残された白山道の名称の由来ともなった寺院跡

白山道間道

旧態として今も残る六浦の新旧幹線道路を結ぶ尾根道

浄林寺跡

堂字が残された生々しい寺院跡の正体は?

野島

金沢八景の一つである野島では縄文時代の貝塚が発見されています。

和田山遺跡

瀬ヶ崎の和田山にあったと伝わるやぐら群と砦跡

能見堂跡

金沢を代表する史跡のひとつ、能見堂跡

金沢文庫~北鎌倉ハイキングコース

金沢文庫駅から北鎌倉駅までのハイキングを紹介。

金沢道

瀬戸神社から能見堂跡までの金沢道をめぐってきました。

白山道

旧六浦道ともいえる白山道をめぐってきました。

釜利谷伊丹地区

釜利谷伊丹氏の拠点めぐり。

金沢八景ポイント

歌川広重が描いた金沢八景ポイントを検証!

紅葉便り 六浦・金沢編

六浦・金沢方面の紅葉を見に行ってきたご報告です。

2015年11月 鎌倉遺構探索便り ~金沢編

六浦・金沢・釜利谷にて金沢八景ポイントや旧道をめぐってきました。