2013年10月1日火曜日

金龍禅院 九覧亭


山号寺号 昇天山金龍禅院
建立   永徳年間(1381~1384)
開山   方崖元圭
開基   -



金龍禅院縁起


昇天山金龍禅院(しょうてんざんきんりゅうぜんいん)は、長寺長老47世方崖元圭(ほうがいげんけい)を開山に迎えて建立されました。開基となる人物を記した資料が見当たりませんでしたが、上杉憲方が開基となった明月院能仁寺とほぼ同時期に建立されているので、ここでも管領様が関わっているのかもしれません。往時ではここから六浦港のほぼ全景を見渡せたことでしょう。特に近世にて、裏山にあった九覧亭からの展望が人気を集めていたそうです。




九覧亭跡


境内にあった横浜市教育委員会の説明版によると、九覧亭能見台からの眺望の衰退により江戸後期にここ金龍禅院に新しく設けられた展望台だとありました。野島平潟湾瀬戸橋などの金沢お馴染みの八景に、富士山もしくは能見台の一景を加えて九覧亭と命名されたようです。つまり九つの景色が堪能出来るという事ですね。楽しみです。それでは早速裏山へ登り、その九覧亭があったとされる場所へ向かいます。


裏山へ登頂する階段から見た本堂


山腹にそれ程広くはない平場がありました。石塔などありましたがよく分かりません。まだ上があるので頂部を目指します。

山腹平場

頂部平場には聖徳太子堂が建てられています。ここが丘陵最上階なので展望台としてはもってこいです。どうやら九覧亭跡のようです。

聖徳太子堂

そして待望のその九覧亭からの展望ですが・・ え~と あれっ?ここじゃないんでしょうか。イヤ、これ以上のスペースがないのでここで間違いないようです。

九覧亭からの景色・・
木々で景色が遮られているばかりか、平潟湾のほんの一部が見えるだけです。金沢が近現代で大々的に宅地造成されているので、木々の関係とかそんなことではなく、そもそも見える景色が昔とは違うようです。ある程度予想はしていましたが、ここまでとは思いませんでした・・ 残念。


ちなみに『江戸名所図会』に往時の九覧亭が描かれています。絵図を見るとやはり・・ 別世界と言っていいほど周辺の環境が違うようですね。

江戸名所図会 九覧亭 ①階段 ②平場 ③飛石
気になるのは、展望台と思われる画像②の広場から更に画像①の階段を登って上へ向かっている様子が描かれています。これはもしかしたら途中にあった平場をこの絵図はメインに描いているのかもしれません。確かに絵図からもあまり広そうには感じません。たぶん途中にあった山腹の平場だと思われます。ですから九覧亭とはこの丘陵全体の事を指すのかもしれませんし、もしくはあの山腹の平場が九覧亭のメインホールだったのかもしれません。


ここが本当に金沢を見渡せるような場所だったらそもそももっと人で賑わっているだろうと、自分にツッコミを入れながら歩いていると、立ち入ってはいけない場所だとは思いますが、尾根がまだまだ続いていたので、その奥へちょっとお邪魔させてもらいました。なんと凄いです。大々的な石切り場跡になっていました。


石切り職人さんが彫ったと思われる文字まで確認できます(下画像)しかもこれは石切り場だけに「石」と彫ってあるのでしょうか・・。ものすごく明瞭なので近世というか明治・大正ぐらいのものかもしれません。随分と最近まで金龍禅院裏山では石切り場とされていたようです。そういった視点で見ると確かに、切り口がキレイです。近現代手法なんでしょうね。


尾根道の途中に境内を見下ろす展望がありました。


その他に金龍禅院には金沢四石の一つで「飛石」というものがあるそうです。上の『江戸名所図会』にも描かれています。ただ、現在境内にあるものは、絵図に描かれていた位置から落下してサイズも小さくなっているそうです。私は九覧亭にあまりにも気をとられていたため、そのままここを後にしてしまいました。



より大きな地図で 金沢・六浦 を表示

カテゴリー 探索記事(エリア別 六浦・金沢
記事作成  2013年10月1日

六浦・金沢エリア関連記事


六浦・金沢

六浦・金沢エリアをマクロ視点で解説

金沢から見える景色

金沢の史跡から見える景色をまとめてみました

称名寺

金沢を代表する寺社で金沢流北条氏の菩提寺

称名寺旧境内

称名寺境内絵図から往時の称名寺の姿を検証

金沢文庫

駅名ともなった有名な北条氏の文庫跡は金沢流北条氏の邸跡で御所だった?

称名寺裏山ハイキングコース

旧態が残された称名寺の壮大な裏山を堪能するハイキングコースを紹介

浄源寺跡

忍性や吉田兼好が住したとも云われる上行寺東遺跡と呼ばれる寺院跡

上行寺

土着の六浦氏が開基となった地元密着型のお寺

嶺松寺跡

瀬戸神社神官の千葉氏に関連した建長寺末の寺院跡

泥牛庵

近世において藩主の見晴らし台として活用されたお寺

能仁寺跡

関東管領上杉氏の六浦支配の拠点となった禅宗寺院の跡

金龍禅院

近世では多くの観光客が訪れた名勝の地

円通寺・東照宮跡

金沢八景駅に隣接する寺跡に残る謎の地形

瀬戸神社

頼朝が三嶋大社から勧請した金沢・六浦の海の守り神

権現山・御伊勢山ハイキングコース

六浦・金沢の遺跡が集中する丘陵の散策路を紹介

白山寺跡

磨崖仏ややぐらが残された白山道の名称の由来ともなった寺院跡

白山道間道

旧態として今も残る六浦の新旧幹線道路を結ぶ尾根道

浄林寺跡

堂字が残された生々しい寺院跡の正体は?

野島

金沢八景の一つである野島では縄文時代の貝塚が発見されています。

和田山遺跡

瀬ヶ崎の和田山にあったと伝わるやぐら群と砦跡

能見堂跡

金沢を代表する史跡のひとつ、能見堂跡

金沢文庫~北鎌倉ハイキングコース

金沢文庫駅から北鎌倉駅までのハイキングを紹介。

金沢道

瀬戸神社から能見堂跡までの金沢道をめぐってきました。

白山道

旧六浦道ともいえる白山道をめぐってきました。

釜利谷伊丹地区

釜利谷伊丹氏の拠点めぐり。

金沢八景ポイント

歌川広重が描いた金沢八景ポイントを検証!

紅葉便り 六浦・金沢編

六浦・金沢方面の紅葉を見に行ってきたご報告です。

2015年11月 鎌倉遺構探索便り ~金沢編

六浦・金沢・釜利谷にて金沢八景ポイントや旧道をめぐってきました。