2013年9月6日金曜日

常盤地区 殿入


常盤地区の記事その③です。
常盤地区丘陵部西側に「殿入」という字名が残されています。『大仏切通周辺詳細分布調査報告書』(以下調査報告書)では、北条義政邸からも近い事から義政及び常盤流北条氏に関連したエリアと考えているようで、一方で『かまくら子ども風土記』(以下子ども風土記)では義政邸そのものとして語られていました。事の真意はともかくとして、とにかく北条氏別業の地として興味深いエリアであるのは間違いありません。

Google Map 常盤
①桔梗山②一向堂③御所ノ内(政村邸跡)④法華堂跡⑤峰山⑥義政邸跡⑦殿入下⑧円久寺・八雲神社⑨殿入⑩大丸


北条義政邸


調査報告書のいう北条義政邸跡とされる一帯は、宅地として活用され民有地・住宅地となっています。丘陵部寄りに多くのやぐらがみられますが、それらのほとんどが民家の敷地内であるため詳しく確認することは出来ません。

義政邸跡付近住宅地

ただこの住宅地をちょっと奥に入って行くと、民家が建ち並ぶものの丘陵が旧態で残されています。崩落防止のためのネットやフェンスで覆われていますが、掘割状が随所でみられます。これを調査報告書では「竪堀」と記してありました。

義政邸奥丘陵部にある竪堀

殿入下


義政邸跡から西に移動します。上地図画像でも記したように、円久寺及び丘陵部寄りが「殿入」、バス通りに面した地上部を「殿入下」と云うそうです。近くには同じ苗字の家が並んでいます。円久寺一帯にある近世の墓石にも同じ苗字が多くみられることから、地元の名手であるようです。たぶんこの辺り一帯の大地主さんだったと思われます。

殿入下谷戸奥

この小谷戸の入口付近には狭い平場がひな壇状に連なっており、近世の墓石群や祠が置かれていました。対面の地主さんの敷地にもやぐらがみえるので、この辺りに何かしら建物が存在したようです。

丘陵部壁面とやぐら

付近にはやぐらがあります。ただ形状が微妙です。まず入口部がやぐらっぽくありません。そして穴に入ると左右に部屋があって、さらに左右それぞれ中柱があります。そして最奥にはクランク状に部屋が施されています。防空壕などの壕跡っぽい雰囲気ですが、こちらの地主さんのおばあちゃんにお話しをうかがったところ、防空壕ではないとおっしゃっていました。失礼ながら、戦争を経験されているご年齢のようだったので、間違いないと思われます。

やぐら内部

丘陵部に登頂する道は、この辺りに寺社もしくは邸があったことによる迂回路のような状態になっています。これがいつからあったものなのかかといった事までは分かりませが、殿入地区という事だけあって、中世から何かしらの造作が施されていても不思議ではないと思います。
この状態を調査報告書では「虎口状入口」と呼称していました。下地図画像の白のラインが道を示します。画像下部の道路・住宅地から丘陵に登ってゆく途中に遠回りさせられるかのような形状になっているのが「虎口状入口」です。

Google Map 殿入
白線は道 □はひな壇状に連なる平場を表す 左端の空地は円久寺背後の平場

この虎口状入口から鋭角に二回ほど曲がります。道はこの辺りにあった建物に関連した人為的な造作でこのような不可思議な形状になったのは明らかでしょう。

虎口状入口尾根 踏み跡ではなく切通し路

少し尾根を進むと、画像では生い茂る草木で伝わらないと思いますが、平場がひな壇状に連なっています。尾根道と明確に段差があるのが分かります。地図を見るとお隣の円久寺裏の広大な平場とも近いので、何か関係あるのかもしれません。

左側の藪が平場になっている 右側が道 

頂部に出ると平場かと思えるほどの尾根道が続きます。実際に歩ける部分は踏み跡程度の幅ですが、生い茂る草木の底面が平であるのは一目瞭然でした。また一画では更に広大な平場部分がみられました。

丘陵頂部平場 何故か傾斜している

殿入


バス通りから見て、先ほどの殿入下の小谷戸の隣に円久寺があります。そしてこの円久寺の辺りを殿入と云うそうです。その名のとおり邸への入口部だったと思われます。つまり現在では円久寺が入口を塞いでいる事になります。逆に言うと、円久寺があるので殿入が宅地化されず旧態を保っているのでしょう。

円久寺

円久寺の詳しい創建年月日が分かりませんが、日伊や日惺といった室町時代末期の日蓮宗の僧侶の名が開山候補に挙げられているので、鎌倉が「都市として機能していた時代」には存在しなかったお寺です。・・のわりには境内壁面にはやぐらが風化したような微妙な造作がみられます。円久寺開創以前から何かあったのかもしれません。

円久寺丘陵部壁面

敷地内にはこれまたあまり見たことのない形の横穴がありました。やぐらではない事は分かるものの何でしょうか・・ 入ってすぐ右側に部屋が施されていて、奥はずっと続いているようです。底部は水没しています。水が黄色に見えるので、土砂などが含まれているようです。井戸か壕跡でしょうか。今更ながら鎌倉に開口する横穴にも色んな形状がある事が分かりました。

不詳不明の横穴

本堂背後には広大な平場が控えています。広大なエントランスと庭園を兼ね備えていたと云われる常盤亭があってもおかしくない広さです。


※ご注意 殿入下は私有地です。



より大きな地図で 常盤 を表示

探索期間 2011年8月~2013年5月
記事作成 2013年9月6日

「常盤地区」関連記事


常盤地区

常盤地区 御所ノ内

常盤地区 桔梗山ハイキングコース