2013年7月24日水曜日

くらやみやぐら


昨年(2012年)鎌倉の南境である材木座から小坪にかけたエリアに初めて足を踏み入れました。 光明寺和賀江嶋住吉城跡などなど鎌倉中心部とは一味違う寺社・遺跡に大満足の探索だったことを覚えています。

住吉社
中でも正覚寺・住吉社(同じ敷地内)に、奥を覗いてもその先が見えない洞窟・隋道のようなものがありました。 入ってみたかったのですが、本当に真っ暗だったので、その時は奥へ進むのを断念しました。

正覚寺・住吉社背後にある洞窟・隋道
詳しい事は何も書かれていませんが、『鎌倉事典』『かまくら子ども風土記』によると、どうやらその洞窟・隋道は「くらやみやぐら」と云うそうです。
また『鎌倉市史 考古編』(以下市史)によると、通り抜けが出来ないとあったので、やはり隋道の類のようです。ひとまずこの隧道の全貌を確かめたいと思ったので、今回、懐中電灯持参でこの隧道に入ってみる事にしました。
住吉城には抜穴の存在が『鎌倉市史 考古編』に記されています。ですからこの「くらやみやぐら」は住吉城の抜穴だった可能性も考えられますが、真相はいかに・・。

くらやみやぐらの目の前には井戸が掘られていました。しかもちゃんと未だに水が湧いているようです。
井戸
早速入ってみます。本当に先が見えません。

少し奥に行くと、底部に水分が多く含まれているのか、ツルツルしています。しっかり歩かないと足をとられて転びそうです。また、隋道内の上部・下部で削り方が箇所によって違うように見えます。隋道とはこういうものなのか、それとも違うグループの人達が削ったのか、違う時代に削ったのか、などなど色々と考えられます。

内部は多量の湿気によるものなのか分かりませんが、写真を撮ってもしばらくこのモヤモヤ感が写ってしまいます。一瞬、写っちゃいけない何かが写ったのかと思い焦ってしまいました。

隋道内は画像では平坦に見えるかもしれませんが、意外に傾斜があります。

結構進んだ感じです。この時点で、入口の光も届かない真っ暗闇の状態です。皆さんにはどうでもいいことかもしれませんが、この時私のドキドキ状態がクライマックスに達しました。そしてどうやら道が左にクランク状に折れ曲がるようです。

道を折れ曲がると向こうから微かに光が差し込んできました。

そのまま光の先へ進むと、市史の記述の通り、行き止まりとなっていました。なんか映画や舞台裏のセットみたいです。

あまり関係ありませんが、引き返す途中にこうして懐中電灯だけの明かりだけで写真を撮ってみると、木星みたいな表面に見えてキレイでした。

そして無事に元の住吉社のある平場に戻ることができました。

隋道の正体は


正覚寺に下りて行くと、何と運の良い事に、境内を清掃されているお寺の関係者らしきご老公がいらっしゃったので、この隧道について尋ねてみました。
そのご老公によれば、この隧道は少なくとも戦時中より前の明治か大正時代に掘られたものらしいとの事です。隋道の向こうにマンションが出来たので、通り抜けが出来なくなったとおっしゃってました。
てっきり抜穴かと思っていたため釈然としません。
「あれってお城の抜穴じゃないんですか?」と尋ねたところ、
「そう考えると面白いけど、残念ながら違うよ」とお話しされてました。
「えぇ~ 違うんかい・・」とガックリでしたが、でもとにかくこの非日常的な探検感がたまらなく面白かったです。やみつきになりそうです。

その後、市史を読み返したところ、丘陵の向こう側にある市史の云う「幣原邸」という場所への通り抜けが許されなくなったため、この隧道が民用路として掘られたと記されていました。世の中には知らなくてもいいことがあるとこれまでの人生で初めて思ったでしょうか。中世に作られた城の抜穴かと思ってドキドキしながら歩いて時が一番幸せでした・・



より大きな地図で 小坪・飯島 を表示

探索期間 2012年7月~2013年5月
記事作成 2013年7月24日


『住吉城跡』関連記事


住吉城跡 ~概要編

住吉城の全体像をマクロ視点で解説

住吉城跡 ~抜穴編

住吉城に施されたと云われる4本の抜穴を検証

住吉城跡 ~旧道編

住吉城丘陵部にあった旧道を探る

住吉城跡 ~小坪寺社編

住吉城丘陵部に所在する寺社を中心に紹介した記事

くらやみやぐら

住吉城の抜穴とも云われた洞窟の潜入レポート

正覚寺

光明寺の開山で浄土宗第三祖の良忠が荼毘に付された聖地

小坪坂

光明寺裏山に残された古東海道の道筋とも云われる古道

小坪・飯島関連記事


光明寺

鎌倉寺社を代表する禅宗寺院とは一味違う海と富士山が見える浄土宗のお寺

光明寺旧境内

光明寺境内絵図から往時の光明寺の姿に迫る

光明寺裏山遺跡と謎の万福寺

境内に残された石像地蔵菩薩が語る光明寺のもう一つの歴史

光明寺 内藤家墓所

光明寺を菩提寺とした江戸期の大名内藤家の圧巻の巨大宝篋印塔群

和賀江嶋

日本最古の港湾遺跡

小坪

小坪にある漁港周辺エリアの散策レポート

弁ヶ谷 北条時政邸跡

材木座にある弁ヶ谷の往時の姿を検証。

後北条氏関連記事


玉縄城七曲

玉縄城の大手となるS字状坂道と玉縄城の壮大な城郭

二伝寺

玉縄城の出城の一つ、二伝寺砦の頂部にある寺院

まぼろしの二伝寺坂

渡内と相模陣を往来する古道は往時の旧鎌倉街道だった

長尾砦

玉縄城の出城で古くは長尾氏の邸跡

浦賀城跡

後北条氏の水軍の拠点、浦賀城に迫る!

新井城跡

相模三浦一族終焉の地は強固な海の城

韮山城跡

北条早雲が築城した伊豆の中世山城跡