2013年7月18日木曜日

長勝寺


山号寺号 石井山長勝寺
建立   弘長三年(1263)
開山   日蓮
開基   石井長勝


帝釈堂

長勝寺縁起


伊豆に配流されていた日蓮が鎌倉に戻り、この地にあった石井長勝の邸内に庵を営んだことにはじまります。妙法寺同様に京都本圀寺の旧跡と伝えられており、本圀寺が移転した後、 貞和元年(1345)日静が復興し、山号寺号を石井長勝の名にちなんだと云われています。また安国論寺妙法寺同様にここも松葉ヶ谷法難の跡と伝えられています。

本師堂 タイの黄金釈迦像が安置されている

法華堂


境内にある法華堂は室町時代末期の造営で、この手の形式においては関東最古のものと云われています。その他、境内の片隅には無縁仏となった五輪塔や宝篋印塔などの石塔が置かれていました。しかも五輪塔は安山岩製のようです。

法華堂

長勝寺裏山


裏山は墓地として大々的に造成されています。山として跡形もありませんが、丘陵頂部へは境内から登る道と経師ヶ谷から登る道がありました。

長善寺があったとされる谷戸方面
名越大谷方面

期待していたような遺跡・遺構などは確認できませんでしたが、ここからの景色が壮大でした。鎌倉時代ではどのように活用されていたのでしょう。運が良ければ富士山を展望できます。

稲村ヶ崎方面


※ご注意 一般の拝観者の墓地への立入りは基本的に好ましくありません。



より大きな地図で 名越坂古墳遺跡 を表示
カテゴリー 探索記事(エリア別 名越
記事作成  2013年7月18日

名越エリア関連記事


大町釈迦堂口遺跡

退廃的に美しい謎めいた寺院跡

釈迦堂口やぐら群

大町釈迦堂口遺跡のやぐら群にスポットを当てました

妙法寺

苔寺として知られる自然との調和が美しい日蓮宗のお寺

安国論寺

日蓮が鎌倉入り後に初めて庵を営んだとされる日蓮宗の聖地

長勝寺

裏山からの展望が壮大な日蓮宗のお寺

日蓮宗名越寺社

日蓮宗名越寺社各社に伝わる日蓮の松葉ヶ谷法難を検証

名越坂

大町・材木座と三浦半島を往来する古道の趣きを残す切通し路

まんだら堂やぐら群

名越丘陵部に残された大々的なやぐら群

名越坂古墳遺跡

名越坂・まんだら堂・大切岸などの史跡が凝縮された遺構マニア必見のエリア


鎌倉遺構探索リンク