2013年6月20日木曜日

金沢文庫


金沢文庫縁起


金沢文庫は称名寺の創建(1259年)から10年後ぐらいには存在していたようです。金沢流北条氏の実時が書物を書写したり、京に人を派遣して写本をつくらせたりと収書を行っていたことからはじまります。一方で実時の孫にあたる貞顕は京都に赴任する六波羅探題という職を務めた時期もあるので、京都において直々に収書を行っています。金沢家が代々集めた膨大な書がこの地に保管されていました。


現代の金沢文庫

面白いことに、この金沢家の祖父と孫では収書における目的が異なるようで、金沢家の基礎を築いた実時は幕府の重臣として必要な関連書物、そして貞顕は公家社会を理解するための関連書物が多かったそうです。
一代で駆け上がるように出世した実時は幕府内における政治家としての教養を必死で勉強し、既に幕府内において確固たる地位からスタートした貞顕は京における公家社会との付き合い方を研究していたようです。

称名寺境内と金沢文庫を繋ぐトンネル

文庫の主な文献リストとして、福建省から持ち帰った仏教に関するあらゆる書物を集めた一大業書『宋版一切経』に、信西が編纂した『法曹類林』や藤原定家の姉の回想録『たまきはる』に『百錬抄』などがあります。
金沢文庫に眠るこれら多くの書物は現在では一級の美術品とされていて、工芸品・古書・古文書など2万点の所蔵がありますが、それでもこれまでにかなりの書物が散在したようで、特に徳川家康が『吾妻鏡』の愛読者であったことは有名です。その他に、室町幕府、上杉氏、小田原北条氏、豊臣秀吉、加賀前田家などが特にゴッソリと持っていってしまったそうです。

ハイキングコースから見た金沢文庫がある谷戸

『吾妻鏡』はこの金沢家が編纂に関与したとも推測されていますが、これは小田原北条氏に伝来した『吾妻鏡』写本に応永十一年(1404)に金沢文庫本を書写したことを記す本奥書があったことから由来します。
しかしながら、問注所執事の三善氏及びその系列が中心にいたという説や、そもそも政界の中心にいた金沢家が本の編纂などしている暇などなかった説があります。


御所ヶ谷 文庫ヶ谷


称名寺の境内案内板には、この辺り一帯を文庫ヶ谷と云うとありましたが、一方で『新編鎌倉志』では金沢文庫のある谷戸を御所ヶ谷と記しています。 時代で呼称が違ったのか、もしくは称名寺全体の谷戸を文庫ヶ谷と呼び、その支谷となる金沢文庫の谷を御所ヶ谷と云うのかもしれません。

称名寺全体図 赤○が御所ヶ谷

鎌倉志では阿弥陀院の後の切通しを出たところにある畑を御所ヶ谷と云うとあります。前回の記事でも触れましたが下画像の称名寺と金沢文庫を繋ぐ隋道が鎌倉志の云う切通しと思われます。

当時からある称名寺と金沢文庫を繋ぐ隋道

鎌倉市にもいくつか御所という字名の付く地域がありますが、とにかく御所というからには、かなり身分の高い人物がそこに居住していたと考えられます。


亀山天皇 鎌倉公方


御所ヶ谷の由来には二説あって、亀山天皇(鎌倉時代後期在任)が金沢・称名寺を訪れた際に作られた御所がここにあったという説と、鎌倉公方・足利持氏の邸がここにあったという説があるようです。
どちらかといえば、鎌倉公方の邸があった説の方が現実的ですが、亀山天皇が称名寺を勅願所としたり、称名寺惣門近くにある「亀井」という井戸の名前が亀山天皇に由来するといった伝承が残されています。
どちらが真相なのか今となっては知る由もありませんが、亀山天皇(鎌倉期)と鎌倉公方(南北朝期)では少し時代が異なるので、もしかしたらどちらでもあるのが真相ではないでしょうか。つまり金沢家が天皇のために用意した豪華な御所を、幕府滅亡後に足利氏が自分の邸としたのかもしれません。

御所ヶ谷の裏山丘陵部

御所ヶ谷の丘陵部頂部に平場があります。台の広場と称する公園のような形で整備されていますが、これは公園として整備したというより、元々ここに平場があったので公園としたのではないかと思われます。

台の広場近辺

丘陵部崖面にはひな壇状の地形もみられます。天皇の御所かあったかどうかは別としても金沢邸がここにあったのは確かなので、それに付随する城郭の名残りかもしれません。また、ここから近い住宅地には「城山」という住居表示がみられました。六浦を代表する字名に「白山」があるので、当て字が変わっただけかもしれませんが、北条氏、足利氏と、時代を代表する大物の邸があった事を考えれば、この辺りの地形に城としてのの造作が成されていても不思議ではないと思いました。


より大きな地図で 金沢・六浦 を表示

カテゴリー 探索記事(エリア別 六浦・金沢
記事作成  2013年6月20日

六浦・金沢エリア関連記事


六浦・金沢

六浦・金沢エリアをマクロ視点で解説

金沢から見える景色

金沢の史跡から見える景色をまとめてみました

称名寺

金沢を代表する寺社で金沢流北条氏の菩提寺

称名寺旧境内

称名寺境内絵図から往時の称名寺の姿を検証

金沢文庫

駅名ともなった有名な北条氏の文庫跡は金沢流北条氏の邸跡で御所だった?

称名寺裏山ハイキングコース

旧態が残された称名寺の壮大な裏山を堪能するハイキングコースを紹介

浄源寺跡

忍性や吉田兼好が住したとも云われる上行寺東遺跡と呼ばれる寺院跡

上行寺

土着の六浦氏が開基となった地元密着型のお寺

嶺松寺跡

瀬戸神社神官の千葉氏に関連した建長寺末の寺院跡

泥牛庵

近世において藩主の見晴らし台として活用されたお寺

能仁寺跡

関東管領上杉氏の六浦支配の拠点となった禅宗寺院の跡

金龍禅院

近世では多くの観光客が訪れた名勝の地

円通寺・東照宮跡

金沢八景駅に隣接する寺跡に残る謎の地形

瀬戸神社

頼朝が三嶋大社から勧請した金沢・六浦の海の守り神

権現山・御伊勢山ハイキングコース

六浦・金沢の遺跡が集中する丘陵の散策路を紹介

白山寺跡

磨崖仏ややぐらが残された白山道の名称の由来ともなった寺院跡

白山道間道

旧態として今も残る六浦の新旧幹線道路を結ぶ尾根道

浄林寺跡

堂字が残された生々しい寺院跡の正体は?

野島

金沢八景の一つである野島では縄文時代の貝塚が発見されています。

能見堂跡

金沢を代表する史跡のひとつ、能見堂跡

金沢道

瀬戸神社から能見堂跡までの金沢道をめぐってきました。

能見堂跡

金沢を代表する史跡のひとつ、能見堂跡

金沢道

瀬戸神社から能見堂跡までの金沢道をめぐってきました。

白山道

旧六浦道ともいえる白山道をめぐってきました。

紅葉便り 六浦・金沢編

六浦・金沢方面に行ってきたご報告です。

鎌倉遺構探索リンク