2016年8月31日水曜日

葉月 2016年8月号表紙


海南神社

2016年8月21日UP
三崎の総鎮守海南神社は9世紀に大宰府を拠点とした藤原資盈に関連します。御霊神社や源為朝を祭神とした疱瘡神社、そして和田義盛に関連する筌龍弁財天などの多くの神さまが合祀されています。三崎の歴史が凝縮された神社です。

画像をクリック

油壷史跡めぐり

2016年8月18日UP
新井城跡周辺の史跡めぐりに行ってきました!○海外町のスランプ構造○油壷湾○諸磯神社と小桜姫神社?○三浦水軍・出口茂忠○白髭神社と壮大?な由縁○義士塚、以上のテーマでお送りいたします。

画像をクリック

宮川海蝕洞穴

2016年8月17日UP
宮川から三崎にかけて所在する海蝕洞穴に行ってきました。○釈迦堂風海蝕洞穴○鍾乳洞風海蝕洞穴○最恐の海蝕洞穴○ブルーシート海蝕洞穴と、今回も素敵な海蝕洞穴を発見することができました。その他、岩礁のみちのアスレチック度が増していたことに困惑を隠せません。

画像をクリック

剱崎海蝕洞穴

2016年8月15日UP
剱崎から江名にかけて所在する海蝕洞穴に行ってきました。ちょ~巨大な洞穴に興奮を抑えられません。そして自然が織りなす造形物に神秘を感じました。

画像をクリック

頼朝の三崎山荘

2016年8月11日UP
頼朝の三崎遊覧をテーマに頼朝の三崎に関する史跡を紹介します。頼朝の三崎山荘とはどこにあったのか、そして吾妻鏡には記されていない頼朝の妾、妙悟尼とは。

画像をクリック

毘沙門海蝕洞穴と盗人狩

2016年8月5日UP
有名な毘沙門洞穴、そして迫力の地形盗人狩に行ってきました。霊感の強い方は今回の記事は見ないほうがいいかも?

画像をクリック

松輪・間口海蝕洞穴

2016年8月4日UP
やぐらのような造作や石塔残欠など、どこか中世の痕跡が漂う松輪。その松輪の間口港でちょ~大型の海蝕洞穴を発見!

画像をクリック

雨崎海蝕洞穴

2016年8月3日UP
雨乞いの地、雨崎に営まれた海蝕洞穴は、弥生時代から古墳時代までに住居や墓地として利用されていました。そしてなんと探索時には現地の裸族と遭遇するというアクシデントも。戦慄のレポートをついに公開!

画像をクリック

諏訪大社と長峰城

2016年8月1日UP
三浦横須賀氏が創建した諏訪大社。横須賀氏の城館長峰城。夢窓疎石が庵を結んだまぼろしの泊船庵。

画像をクリック

8月1日 ランキング更新


ここ最近の人気記事ベスト20を更新しました。
(2016年7月1日~31日までの集計)

8月1日 7月の更新履歴


7月の更新履歴をまとめました。
(2016年7月1日~30日の期間に投稿した記事)

叶神社

2016年7月25日UP
文覚が創建したと伝わる叶(かのう)神社は、何故か浦賀の西と東のどちらにも所在しています。そして縁起を調べていくと、鹿野(かのう)山という興味深い存在が・・

画像をクリック

走水神社

2016年7月24日UP
ヤマトタケルが縁起に登場する伝説の神社、そして伝説の地、走水!御所ヶ崎からの景色がどこか物悲しく感じました。

画像をクリック

鴨居と多々良氏

2016年7月20日UP
三浦多々良氏とその一族が領した鴨居の史跡と伝承をまとめました!○鴨居の古代遺跡○鴨居の名の由来○多々良氏○石井塚と石井兄弟○三軒谷多々良氏館跡○霊地腰越○中世以前の城郭上の台○三浦氏版浦賀城○多々良氏館跡を探せ!○その後の多々良氏、以上のテーマでお送りいたします。

画像をクリック

多々良浜横穴墓群

2016年7月18日UP
容赦ない土地開発で遺跡など見る影もない横須賀市にあって、珍しく古代末期横穴墓群が鴨居の多々良浜という場所に残されていました。

画像をクリック

観音寺と権現洞穴

2016年7月17日UP
観音崎で海を見守っていた今は無き古刹観音寺。観音崎や洞窟との関係はいかに。

画像をクリック

和田地蔵と髭剃塚

2016年7月7日UP
観音崎の手前で偶然見つけたお寺にあった和田地蔵と髭剃塚という和田義盛の伝承。そしてその西徳寺周辺で発見された遺跡から浮かび上がるこの地の秘密とは?

画像をクリック

安房口神社

2016年7月5日UP
社殿のない霊石を霊代とした古式神社。縁起に鎌倉の有名人は出てきませんが、初めてめぐりあえた古代の神社に感動しました。

画像をクリック

浦賀城跡

2016年7月3日UP
天然の良港、浦賀港に築かれた後北条氏の水軍の拠点、三崎城の出城浦賀城に迫る!

画像をクリック

怒田城跡

2016年7月1日UP
当時の久里浜周辺の地形や歴史と共に平安末期三浦氏の誇る難攻不落の堅固な海城、怒田城に迫る!

画像をクリック

鴨居・走水史跡めぐり

2016年6月29日UP
今回は鴨居・走水周辺に行ってきました!海岸線をめぐる散策は素敵な見晴らしと魅惑の史跡がたくさん!

画像をクリック

久里浜・浦賀史跡めぐり 東浦賀編

2016年6月23日UP
三浦一族の怒田城・浦賀城へ訪れるため久里浜・浦賀に行ってきました。その他周辺の史跡も満載。今回は久里浜編・西浦賀編に続いてラストの東浦賀編です!

画像をクリック

久里浜・浦賀史跡めぐり 西浦賀編

2016年6月22日UP
三浦一族の怒田城・浦賀城へ訪れるため久里浜・浦賀に行ってきました。その他周辺の史跡も満載。今回は久里浜編に続いて西浦賀編です!

画像をクリック

久里浜・浦賀史跡めぐり 久里浜編

2016年6月21日UP
三浦一族の怒田城・浦賀城へ訪れるため久里浜・浦賀に行ってきました。その他周辺の史跡も満載。今回はその怒田城を含む久里浜編です!

画像をクリック

鎌倉観光地人気ランキング

2016年6月12日UP
鎌倉の史跡・名所ランキングを調べてみました。鎌倉を知っている人であればある程ランキング順位は意外かも?

画像をクリック

本門寺の紫陽花

2016年6月10日UP
東京は大田区にある池上本門寺に紫陽花を見に行ってきました。本門寺は日蓮さんが入滅した地で日蓮宗の聖跡です。

画像をクリック

2016年6月 鎌倉遺構探索便り 小田原編

2016年6月3日UP
今回の探索は小田原城総構え!鎌倉の遺構とは異なるスケールの大きさにビックリ!その他鎌倉時代の石碑や三浦義意に関する神社を発見!

画像をクリック

長楽寺跡~鎌倉文学館

2016年6月1日UP
安養院の前身となる長楽寺があったとされる鎌倉文学館にスポットを当ててみました。園内に残された横穴はやぐらか?、そして長楽寺とは?

画像をクリック

2016年5月 鎌倉遺構探索便り

2016年5月25日UP
名越坂・まんだら堂から衣張山へハイキング。そして鎌倉文学館に円覚寺など。5月の鎌倉散策のご報告です。

画面をクリック

東泉水谷やぐら群

2016年5月11日UP
鎌倉で最も美しい浮彫が施されたやぐら群、立地的にも足利氏に関連したやぐらか?、そして施主は幻の積善院か?。浄明寺地区の美しく不思議なやぐらを紹介。

画像をクリック

西瓜ヶ谷やぐら群

2016年5月1日UP
浮彫が施された瓜ヶ谷の西側にあるやぐら群。そこには未知なる寺院は存在したのか?、観蓮寺屋敷とは?、そして十王堂との関係は?

画像をクリック

2016年4月 鎌倉遺構探索便り 春ですよ編

2016年4月22日UP
鎌倉の春の様相を満喫、その他、未だ行ってなかった美しい浮彫のあるやぐら群などに訪れました。随分と鎌倉に通った気がしますが、鎌倉にはまだまだ奥行きがあるようです。

画像をクリック

2016年4月 鎌倉遺構探索便り

2016年4月7日UP
2016年の鎌倉遺構探索はじまりました!まずは軽く桜を見に行ったつもりが、発掘調査現場や新発見の遺跡にも遭遇しました。今年は最初からツイてます!

画像をクリック

鷹取山の秘密

2016年4月1日UP
神武寺裏山にある鷹取山に関する秘密を見つけました!そこには古代日本に繋がる壮大な歴史が・・。渾身の超大作ご覧下さいませ。

画像をクリック

リニューアル記事のお知らせ!

2016年3月1日
画像差し替え及び若干の追加など、「今泉不動・称名寺」「白山神社・今泉寺」の記事をマイナーチェンジしました。よければご覧になってください。

画像をクリック
画像をクリック

鎌倉の地名(小字編)

2016年2月17日UP
吾妻鏡を参考に鎌倉時代から現在に伝わる鎌倉の地名にスポットを当ててみました。今回は主に小字を中心にまとめてあります。力作です。是非見てください!

画像をクリック

鎌倉の地名(町名編)

2016年2月10日UP
吾妻鏡を参考に鎌倉時代から現在に伝わる鎌倉の地名にスポットを当ててみました。今回は主に町名・大字を中心にまとめてあります。力作です。是非見てください!

画像をクリック

エメェ・アンベールが見た鎌倉

2016年2月1日UP
幕末の日本に訪れたスイス人のアンベールの記述を検証。近世とはいえ現在とはあまりにも違い過ぎる当時の鎌倉が面白い!

画像をクリック

浦郷まとめ

2016年1月9日UP
○追浜の地名の由来 ○古代の祭祀跡・鉈切遺跡 ○朝倉能登守 ○浦郷は足利軍駐屯地か? ○追浜やぐら群 ○榎戸湊 ○浦郷の景勝地 ○追浜の伝説「滅びゆく大蛇」以上のテーマでお送り致します。

画像をクリック

大楽寺跡

2016年1月2日UP
浄明寺地区にあった大楽寺を検証。残されたやぐら群、そして発掘調査の結果から浮かび上がる律宗の痕跡。その他大山寺を再興した願行上人など。

画像をクリック

三浦氏系図

2016年1月1日UP
三浦氏の系譜を三浦半島の史跡と共に紹介します。まだ三浦半島の史跡を全てめぐった訳ではありませんが、ある意味三浦半島のまとめ編!

画像をクリック